カルチャーCULTURE

カルチャー

人材の成長=企業の成長

ハローGは創業以来、最も重要な資産は社員=人材であると考え、人材の「育成・活性化・適材適所」に努めてきました。大きな設備投資を必要とするエネルギー・インフラ産業では、優秀な人材が重要な経営資源であり、人材の育成と最適な適材適所が企業の競争力に直結します。社員一人ひとりがモチベーション高く挑戦し、決断機会を数多く経験することが個人の成長につながり、ひいては事業の成長、業績の向上につながると考えています。

企業文化を支える仕組み

ハローGでは市場環境の変化に合わせ、これまで多くの新規事業を立ち上げ、大型のM&Aに頼らない自前成長を続けてきました。その挑戦の過程では多くの失敗も経験しましたが、失敗を恐れて挑戦を躊躇すれば、変化の速いエネルギー・インフラ産業ではあっという間に取り残されてしまいます。事業拡大を図るとともに、撤退ルールを明確にした仕組みを設けることで、常に挑戦できる環境を創るとともに、人事制度では「挑戦と安心はセット」を掲げ、人材が安心して大きな挑戦を続けられる環境づくりを促進しています。多くの当社オリジナルの制度によって、男女を問わず優秀な人材がワーク・ライフを充実させながら、長く継続して働ける会社をめざしています。

挑戦できる環境

ハローGは多角化経営を経営方針に抱え、多くの新規事業に挑戦しています。若手、シニアに限らず、新規事業にはだれでも挑戦できる環境を整えています。失敗したら評価が下がることがあっては、誰もチャレンジしようとしません。そこで挑戦すること自体を評価する評価制度を取り入れ運営しています。また、全社員を対象にモラルサーベイを実施したり毎月行うリーダーとの面談などを通じて数字には現れない定性情報を吸い上げ、労務環境の改善にも日々取り組んでいます。失敗を恐れず飛び込んでいける環境が企業の成長に直結すると考え、今後も柔軟性ある社員ファーストの環境作りをめざしていきます。